ロック好きの覚え書きBLOGですっ。
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
Atom Shop
Atom Shop (JUGEMレビュー »)
Bill Nelson
いいねぇ。このテイスト・・。
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - |PAGE TOP↑ -
Bill Nelson& the Gentlemen Rocketeers / 「Live In Concert At Metropolis Studios London」[2012]
category: BILL NELSON | author: taha misao
Bill Nelson& the Gentlemen Rocketeers「Live In Concert At Metropolis Studios London」[2012]
live

2011年3月のライヴ。
ビ・バップ・デラックス(Be-Bop Deluxe)色が強いバンド演奏です。

演奏する曲によってお宝のギターを何度も持ち替えています。本当に楽しそうです。
スタジオはとても狭いのですが観客もリラックスして聴いています。うらやましいです。
DVDはPAL方式なので日本の普通のプレーヤーでは再生出来ませんが、PCで観ることは可能です。
ライブ映像とインタビューが収録されています。

Disc:1
1. The October Man
2. Night Creatures
3. God Man Slain
4. Contemplation
5. Lady You're A Strange Girl
6. Adventures In A Yorkshire Landscape
7. Furniture Music
8. Do You Dream In Colour
9. Ships In The Night
10. Lovers Are Mortal
11. Maid In Heaven
12. Sister Seagull
13. Wonder Of The Moment
14. Panic In The World
Disc:2
1. Beyond These Clouds The Sweetest Dream
2. Golden Dream Of Circus Horses
3. A Dream For Ian
4. For Stuart

JUGEMテーマ:音楽
評価:
Bill Nelson & The Gentleman Rocketeers
Salvo
¥ 989
(2012-06-25)
コメント:貴重なライブ映像が楽しめます

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
BILL NELSON / Signals From Realms Of Light [2011]
category: BILL NELSON | author: taha misao
JUGEMテーマ:音楽

BILL NELSON / Signals From Realms Of Light [2011]
signals
架空のSF映画のサントラ風味ですネ。


22分の大作が1つ、12分の曲が2曲・・ 他は3~7分の曲が4曲といつものビルおじさんに比べると曲数は少なめ。
どちらかと言えばインスト主体できちんとした歌詞がなく、曲にヴォイスを乗せた感じかな・・。
時折聴かれる伸びやかでエモーショナルなトーンのギターがステキです。
やっぱりこのアルバム・ジャケットがいいですねぇ 何か想像してしまいます。

お試しで少しだけ聴くことができます。
こちらからhttp://www.billnelson.com/html/salon/signals.php
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD) [2008]
category: BILL NELSON | author: taha misao
Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD)  [2008]

またまた2枚組ですが、サラリとした感触!
 はい、こちらはネルソンのソロ名義ではなく「Nelsonica 08」として発表された作品です。と言っても、何がなんだか分からないのでソロ作品でいいと思います。どーせ又また一人で作っているのだしょうから・・・。そして、こりまた2枚組で38曲の大作でございます。本当に頭が下がりますこのオジサンにはっ・・・。スタジオに篭ってコツコツと作っているんだろうなぁぁ・・今でも。
作風はどちらかと言えば、ホンワカ系のギターとシンセに歌モノといった感じでナカナカ聴きやすいものとなっております。暗めなインスト中心系に比べると、ネルソン作品への中級者の方でも取っ付きやすいので、多くのお客さまにお喜びいただけると思いますです。2枚組といっても、どこかで大変と盛り上がる場面がある訳でもないので、実にサラーッと続けて聴くことができます。なにかお気に入りの雑誌でもお読みいただく際にも・・お料理のBGM等にも重宝致すことでありましょう。
こりまたポップな感触のアルバム・ジャケットがイカシテいるので、楽しい一時を大事なお方と過ごす際にも活躍することでありましょう・・・。
続きを読む >>
comments(8) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
Bill Nelson / Blue Moons and Laughing Guitars  [1992]
category: BILL NELSON | author: taha misao
Bill Nelson / Blue Moons and Laughing Guitars  [1992]

ビル・ネルソン :ブリティッシュ・ストレンジ    
同時進行的に数多くのアンビエントなインスト集を数多く発表していた時期に発表された作品。バンド・アンサンブルを重視した曲作りは80年代にこそ見られたが90年代は少ないので、逆にアクセントとなり目立つ作品でもある。毎回ファンを喜ばせてくれるジャケットもこのアルバムでは華やかであり、ネルソン自身も楽しんで作品を作り上げた様だっ。(アルバムのコンセプトはギターとお月さまであります!)もちろん全ての楽器はネルソン自身が演奏しているし、曲も全て彼の手によるもの。独特のくぐもったヴォーカル・スタイルは狂気を増しており、どこかデビッド・ボウイを思い起こさせる声質と、ポップな中にもどこかクラウディなヒネクレ度指数が高く、ブリティッシュ・ポップ・ロックの屈折した所がお好きな方にはとてもオススメであります。2分から4分位の曲が全16曲収録されており、どの曲もネルソン節が冴え渡るのだが、”SPINNIN' AROUND”,”NEW MOON RISING”,”ANGEL IN MY SYSTEM”等の曲がお気に入りであります。一度聴き出すと麻薬中毒の様になり、この魔術にはまって一気に最後まで聴いてしまうのは私だけかしら?とてもクセになってしまうネルソンのストレンジ・サウンドはファンには堪らないものなのです。ほわーん、フニャーンとしたギター・サウンドとシンセ等のクセのある音使いは定番と言えるものです。(くれぐれも取り扱い注意ですぜ、ダンナ!)このアルバムはamazon等のサイトでも購入できますので是非御賞味アレ!
評価:
Bill Nelson
Blue Plate Caroline
¥ 2,959
(1992-10-23)
コメント:素人の演劇ですかね

続きを読む >>
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
Bill Nelson / Return To Jazz Of Lights [2006](CD)
category: BILL NELSON | author: taha misao
 Bill Nelson / Return To Jazz Of Lights [2006](CD)
多作で知られる(ファンの間だけでは・・と言うことネ!)ネルソンおじさんの2006年の作品です。この時期は本当に活発に活動していて(いつも何かやっていますけど・・)ステキなアルバムを量産しております。(まぁ、いつものことだけど・・・)2006年リリースはこのアルバムの他に[Arcadian Salon]、[Neptune's Galaxy]とありますが、その前後も年に数作の作品を発表してますです。その中でこの作品を何故取上げたかと申しますと、アルバム・ジャケットが素晴らしいからです・?(いやホントに)ジャケ写真に登場しているのは、ネルソンおじさんの奥様であられます、恵美子婦人の若かりし頃のお写真なんだそうでーすっ。毎回アルバム・ジャケで楽しませてくれるんですこのお方はっ・・。
サウンド的には、タイトルにお示しの様にギターサウンド(Jazz)を中心にシンセとリズムボックスを絡ませ、少々の歌モノ・・ってな内容となっております。ご安心してご賞味ください。
2000年代に入ってからのアルバムは、ほとんどがネルソンおじさんの自主レーベルである「Sonoluxe」からのリリースとなっていて・・。そりが、通販大手のamazonさんやHMVでは取り扱っていないので、直接のお取り寄せになってしまいます。ですから英国のSOS(サウンドオンサウンド)のサイトからの購入等に限られてしまいます。ウエーン(ポンドはドルより円で換算するとまだまだ高くなってしまうので、アルバム一枚が2000円前後してしまうぜっ・・・送料もかかるしっ・・)しかーし、一部の熱狂的なファン(マニア)は、遠く離れた偏狭の地まで届けていただくご依頼を大英帝国にお頼み申すのでござった。。
あの、(レロレロレロローン)という感じのギターが聴くことができます。
続きを読む >>
comments(1) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
Bill Nelson / Atom Shop [1998]
category: BILL NELSON | author: taha misao
Bill Nelson / Atom Shop [1998]

1980年代半ばより、長い間日本の音楽ギョーカイから無視し続けられていた、ビル・ネルソンの新作が日本でも正規発売となったものがある。キング・クリムゾン関連のアルバムを発表している「ディシプリン・グローバル・モービル」から、と言うのが私的にはニヤリと来たのだが・・・。そりは、デビッド・シルヴィアンのアルバムでロバート・フリップと共演したからなのか、元々の知り合いなのかは詳細不明だっ。なにはともあれ、日本においてビル・ネルソン名義のアルバムが発売されたと言う事が画期的なのであるからして・・・。当時はバンザーイ!であるっ。相変わらずポップな中にも、何か雲か霞がかかった様な感触の楽曲の出来映えはどうだろう・・・ファンなら思わずウフフであろう。アルバムのコンセブトは、50,60年代のアメリカ産のノスタルジーを感じさせるもので、豊かな時代への回帰趣味か・・・?ポップ・カルチャーやビート・ジェネレーションをモロに子供の頃に影響を受けたネルソンの、今後訪れる近未来への期待が含まれている様に感じられる。元々のアイデアでは資金をキチットと調達して、最新のスタジオと機材を使い腕利きのミュージシャンにアルバム作りを手伝ってもらうはずたった、とネルソン自身コメントしているが、デモ・トラックの集まりの様なこの作風の方がビル・ネルソンのソロ・アルバムらしくてGOODであります。ファンとしては次なる作品を日本発売と期待してしまうのだが、色々と仕事をもっている彼なだけに今作品の様な感触のアルバムが日本で登場するまでは、長い月日を待たされるかもしれない。 (??・・ってサッパリ発売されませんなぁぁオリジナルの新作を日本では・・・)
評価:
Bill Nelson
Discipline Gm UK
¥ 3,140
(1998-10-13)
コメント:いいねぇ。このテイスト・・。

続きを読む >>
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
Bill Nelson's Orchestra Arcana / Optimism [1988]
category: BILL NELSON | author: taha misao
Bill Nelson's Orchestra Arcana / Optimism [1988]

 ビル・ネルソンのワークスは大きく分けて2つになり、サウンド・コラージュ的なインスト中心のものとバンド・アンサンブルを重視した歌ものである。このアルバムはその2つの要素の良質な部分を上手く調和させた数少ないものだっ。ジャケがまたすばらしい!この男はセンスがいいのか悪いのか判断に困るのだが、50,60年代の古き良き時代の生活風景をよく題材にとっている様である。当時の華やかな雰囲気がお好きなのか”Atom Shop ”でも使用している。マルチ・インスト奏者 であるネルソンはギターはもちろんの事リズム・ボックスの使い方が独特であり、彼のサウンド・メイキングを手本にしているアーティストは数多くいると思われる。ダテに70年代から第一線で活躍していないのである。このアルバムはポップ・フィーリングの中にもお得意のヒネクレ要素を巧みに取り入れ一気に聴かせる所はさすがであり、”Getting the Holy Ghost Across”がヨーロッパ的な作りなのに対してこちらは実にアメリカーンなのである。(しかし、単に軽い感触だけでは終わらない!)ヴォイスは依然にも増して、モゴモゴとくぐもった感触が顕著に現れておりBe Bop Deluxe時代の前面に打ち出す方向とは逆だっ。そうすることによってインスト部分がより鮮明に聴き手側に伝わってくる。ギターリストとしては英国屈指の腕前のネルソンだが、他のシンセ等のエレクトロニクス周辺もお得意なので、その辺がお好きに方にもオススメで有ります。エレクトロ・ポップ・ロックの隠れた名盤(迷盤)かもしれない!

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
Bill Nelson / Getting the Holy Ghost Across [1986][remastered_2006]
category: BILL NELSON | author: taha misao
Getting the Holy Ghost Acrossあっしの一番好きなビル・ネルソンのアルバムですっ。祝!見事に再現されましたっ。リマスターされてCD化ですっ!そりも8曲ものボーナス・トラック(ミニアルバム“LIVING FOR THE SPANGLED MOMENT”の曲)を含みます。Getting the Holy Ghost Across_origただ残念なのはジャケットが差し替えられている点ですが・・・。拙者はオリジナルのジャケが良いと思います。おそらく中世ヨーロッパ等のキリスト教関連の書物にでもインスパイアされたのでありましょう。裏ジャケを見るといっそうそれが想像されます。
まぁ、発売したオリジナル盤のレーベルが大手だったから致し方ないのでありましょう。
ネルソン自身もCD化したかったのでしょう。20年たって念願のCDで聴くことができます。そりも、リマスターで蘇るのであります。入手困難になる前にお早めに注文いたしましょ!
Be Bop Deluxeやレッド・ノイズで表現していたSF趣味やエレクトロニック&メカニカルな感触から離れ、アコースティカルな雰囲気のユーロッパ的なものになっている。ロキシー・ミュージックの初期やデビッド・ボウイが70年代の半ばに取り扱った、退廃的な耽美主義とでも言えそうなムードが全体を覆っている。

米国でのタイトルは"on a Blue Wing"として発売されています。ジャケットも別もので、曲も若干違います。今は、廃盤でしょ。
JUGEMテーマ:音楽


http://www.billnelson.com/
続きを読む >>
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
BILL NELSON / Whimsy [2003]
category: BILL NELSON | author: taha misao
Whimsyビル・ネルソン
ブリティッシュ・ロック界において特異なポジションで活躍している、vocal、ギターリスト。1970年代はグラム・ロックの流行とともに知名度をあげて、ビ・バップ・デラックス(group)ではSF風味のモダン・ロックを展開し、業界からも注目されました。その後ソロに転じて、1980年代は世界的なテクノ・ブームとともに日本でもYMO関連のアーティストのliveでギターリストとして参加した経緯があります。その当時の熱心な音楽ファンの間ではネルソンおじさんの知名度はあると推測されますが、90年代以降は日本の音楽シーンではほとんど取り上げられていません。実質彼のアルバムは日本で数える位しか発売されていません(「Atom Shop」はタイムラグなしに正規に発売された数少ないアルバムのひとつ)、過去のアルバムはほとんど廃盤状態です。自身のレーベルを何度か立ち上げてアンビエント風味の作品や、歌入りのアルバムを発表してきましたが重要なものは日本では発売されていないのが現状です。そして、ネルソンおじさんの特徴の一つとして、コツコツとスタジオで録り溜めたものをパッケージ化して沢山発表していくことです。ドラムマシーンやリズムボックスでのベーシックなトラックがあり、その上をキーボードやギター、そして歌が重なります。(最初にギターでメロディを考えるのかも?)2002年はBoxものとして6枚ものアルバムを一気に投入してきました「Noise Candy」。この人の創作意欲は止まるところを知りません。そして今回ご紹介のアルバムも2枚組です。統一のコンセプトがあり、曲作りの過程で2枚組になってしまったというよりは、ストックがあるので出してみました・・・という感じなのであります。ジャケットもネルソンおじさんの趣味が反映されたもので、レトロな感触のイラストが使用されています。すべての楽器を演奏し、作詞・作曲、そして独特の歌声でネルソン・ワールドを構築しています。ジャンルやカテゴライズが難しいのですが・・あえて付けるとすれば、エレクトリック・アンビエント・ポップとでもいいましょうか・・脱力系ロックですかなぁぁ。フワフワ感がたまらなくて・・・。一度ネルソン・ワールドの素晴らしさを体験するともう抜け出すことは困難に思えてきます。貴方もBill Nelsonのストレンジ・ワールドに足を踏み入れてみてはいかが?
http://www.billnelson.com/
JUGEMテーマ:音楽


続きを読む >>
comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
Bill Nelson / Noise Candy [2002] (1990〜2000)
category: BILL NELSON | author: taha misao
Noise Candy拙者の大好きなビル・ネルソンBe Bop Deluxe後に沢山のプロジェクトやストレンジなソロ・ワークで大活躍してきた、ビル・ネルソンの2002発表の企画モノであります。企画ものといっても、1990年から2000年までのスタジオテープから編集されて作り出された6枚のアルバムが入っています。ビル・ネルソンはビックラするくらい多作で有名でありますが、この6枚組の限定ボックスは彼のプライベート・スタジオに眠っていた素材を基に編集されている。それぞれ傾向の違うものを6つに分けて全6枚のアルバムに仕上げたのである。(さすが職人!)ネルソンはいままでにも自己のレーベルからアート的なエレクトロニクス作品を多数リリース、そしてもう何が何だか分からないくらいソロアルバムがある。ということで、このボックスセットにはCD1枚ごとに異なるタイトルとジャケットイメージが添えられ、ブックレットもオールカラーの50ページの豪華版で、アルバム6枚分を束ねたような構成となっている。よくレアトラック集というと、本当にアウトテイクス集のようなものが多い中、この6枚組CDボックスは一枚ずつ発売してもよいくらいの内容であります。全曲数119曲で400分近くの超大作であり、ビル・ネルソン・ワールドを堪能するにはもって来いの6枚組BOXセットであります。まだまだ録音ストックは沢山あり、新しいアルバムが何枚も製作できるとのこと。本当に底の知れない才能を持った天才であります。アートワークも細かい所まで考えられており美しいものです。お得意の50〜60年代のポップ・カルチャーの影響が見られるものです。ファンだけのものにしておくのはモッタイない!

Album Title Noise Candy
Date of Release 2002(release)
Genre Rock
Styles , New Wave, Prog-Rock/Art Rock, New Age
Time
CD-1, 68:35 CD-2, 55:32
CD-3, 64:55 CD-4, 71:33
CD-5, 69:54 CD-6, 71:43
noisecandys A 6 CD boxed set of music by Bill Nelson
1. Old Man Future Blows The Blues
2. Stargazing With Ranger Bill
3. Sunflower Dairy Product
4. King Frankenstein
5. Console
6. Playtime
JUGEMテーマ:音楽


続きを読む >>
comments(3) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD) [2008]
    taha (10/22)
  • Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD) [2008]
    m (10/18)
  • Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD) [2008]
    taha (01/12)
  • Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD) [2008]
    m (01/12)
  • Bill Nelson / Return To Jazz Of Lights [2006](CD)
    yas (11/21)
  • Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD) [2008]
    taha (11/17)
  • Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD) [2008]
    yas (11/16)
  • Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD) [2008]
    taha (11/14)
  • Bill Nelson / Clocks & Dials - Nelsonica 08 (CD) [2008]
    yas (11/13)
  • Bill Nelson / Noise Candy [2002] (1990〜2000)
    yas (08/28)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH